有機ハチミツ

有機ハチミツとは


バルカン山地の麓に広がる雑木林と一面のハーブ園に並べられた巣箱

ミツバチが飛び回る範囲はせいぜい数百メートル。EU 基準では巣箱から3キロ以内に農地や工場などのないところで、厳密な土壌検査に合格した土地のハチミツを有機と認定します。

このハチミツは、EU 基準の厳しい検査を楽々パスした完全有機ハチミツです。農薬や化学肥料、そして車の排気ガスなどとは無縁の大自然の中で採れた産物で、昔からハチミツ共通の健康効果に加えて十数種類のハーブから集められた成分が色々な病気の予防や治療に役立つと言われています。養蜂家や従業員の方たちがみんな元気で長生きする事実がこれを証明しているようです。

※1歳未満の乳幼児には与えないでください。

ブルガリア産オーガニックハーブハチミツのご紹介


春から秋にかけては百花繚乱

ご存じの通り、弊店はオリーブオイルもワインもギリシア専門ですが、以前から探し求めていたオーガニック ハチミツをやっとブルガリアで見つけました。無名ですが、これは絶品です。

紫に霞むバルカン山脈の養蜂場は一望千里の大草原で、工場はもちろん人家も畑もなく、有機ハチミツのふるさとであることが一目瞭然。この一帯はローズマリー、カモミール、バジル、セイジ、コリアンダー、タイムなど14種類のハーブが生い茂る、いわば天然のハーブ園。春から秋までミツバチたちがせっせと集めた蜜は健康成分のエッセンスです。訪れた時は既に秋も深まり、もう花はありませんでしたが、足元の枯れ草をつまんで嗅いでみますと、まさにハーブの香りでした。